横川浩会長(日本陸上競技連盟)の経歴や家族は?天下りで大阪ガスの副社長だと!?

日本陸上競技連盟の横川浩会長の経歴や家族の情報を調べました。

世界大会やアジア大会、東京五輪を控えていますし、

ますます陸上競技に注目が集まると考えています。

その会長である横川浩会長は、どんな自分なのでしょうか。

調査しましたので、ご覧ください。

スポンサーリンク

横川浩の経歴は?

プロフィール
名前:横川浩
読み方:よこかわひろし
年齢:71歳
誕生日: 1947年6月21日
出身地:東京都

<経歴>
1970年 通商産業省に入省(現在の経済産業省)
1987年 外務省在ニューヨーク日本国総領事館
1991年 青森県警察 本部長(1991 – 1993年)
1996年 通商産業省 近畿通産局長
1999年 通商産業省 生活産業局長(2000年に退官)
2000年 日本貿易振興会 理事
2002年 大阪ガス株式会社 顧問
2003年 大阪ガス株式会社 常務取締役
2005年 大阪ガス株式会社 専務取締役
2008年 大阪ガス株式会社 副社長
2011年 日本商事仲裁協会 理事長
2014年12月 電気自動車普及協会 会長
2015年 6月 素形材センター 会長
2015年 6月 大林組 社外監査役

<団体・公職(社会活動)>
2008年 青森県の「元気あおもり応援隊」で講演。
2004~2013年 大阪ガス陸上部 特別顧問
2007~2012年 大阪陸上競技協会 会長
2009~2013年 日本陸上競技連盟 副会長
2013年~ 日本陸上競技連盟 会長
2014年~ 東京五輪 組織委員会 理事
2014年~ 国際陸上競技連盟 理事
2016年~ 一般財団法人 生涯学習開発財団 理事

言葉にならないほど輝かしい経歴をお持ちです。

通商産業省に入省してからも、多方面で活躍していることが分かります。

日本陸上競技連盟の会長だけではなく、東京五輪の理事も務めています。

スポンサーリンク

横川浩の学歴(中学、高校、大学)

学歴調査しました。

1960年 麻布中学入学
1963年 麻布高校入学
1966年 東京大学法学部入学

1960年に麻布中学、麻布高校を卒業し、大学は東京大学法学部を卒業しています。

麻布高校は、総理大臣や政治家を多く輩出しており「谷垣禎一」、「福田康夫」が卒業しています。偏差値75と言われています。

学生時代は「ハンサム、優秀、優しい」という麻布タイプで運動はテニスが上手だったようです。

陸上競技選手だったという情報は見つかりませんでした。

スポンサーリンク

横川浩の妻と子供は?

公開されている情報はありませんでした。

東京大学出身の元官僚という経歴に加えて、学力が優秀でハンサムで運動もできるという人物です。

もてない要素は見当たりませんよね。

年齢的に考えても、奥様も子供がいると考えてよいと思います。

横川浩の年収は?

あくまでも予想です。

1970(23)約550万
1980(33)約750万
1990(43)約1000万
2000(53)約1150万
2008(61)約1100万

官僚の平均年収をベースに記載しています。

スポンサーリンク

天下りで大阪ガスの副社長!?

事実は確認はできません。

通商産業省の官僚から、突然、大阪ガスの顧問に就任し、

トントン拍子に副社長までに上り詰めているようにも伺えます。

「天下り」という噂があっても不思議ではないかもしれません。

まとめ

ここまでをまとめます。

中高一貫の麻布高校を卒業してから、東京大学法学部を卒業します。

その後、通商産業省へ入省して30年間ほど勤務します。

そこからは、大阪ガスへ転職し、副社長まで昇格します。

日本陸上競技連盟連盟の会長に就任しています。

ほかにも東京五輪の理事を務めるなど、多方面で活躍しています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です