山本宜史専務理事の経歴や家族や嫁は?塚原千恵子やレインボーとの関係は?

日本体操協会専務理事である山本宜史さんが、

宮川紗江の記者会見を終わってから、

それを受けるように記者会見をしていました。

自らボロを出すわけにも、行きませんから、そうするしかありませんよね。

山本宜史日本協会専務理事について調べました。

スポンサーリンク

山本宜史の経歴

プロフィール
名前:山本宜史
読み方:やまもとのりふみ
年齢:54歳
誕生日:1964年4月13日
出身地:大阪府
職業:学校法人 湊学院
経歴:
山本宜史
大阪体育大学

<指導実績>
トランポリン日本代表総監督
トランポリン強化本部長
世界トランポリン選手権2013 監督
2015トランポリンワールドカップフランス大会 団長兼コーチ

<役員>
2013年12月 常務理事(トランポリン強化本部長)
2016年12月 専務理事代行 就任。
2017年12月 専務理事 就任。

山本宜史が常務理事(トランポリン強化本部長)就任したときには、塚原光男は副会長でした。

塚原光男副会長の奥様は、塚原千恵子女子強化部長です。

スポンサーリンク

山本宜史の出身高校や大学は?

出身大学は、大阪体育大学です。(体育学部19期生)

体育学部の偏差値 40~50 くらいです。

出身高校は大阪府立羽曳野高校です。

山本宜史の選手実績は?

こちらに関しても情報がありません。

「よい選手が良い、指導者になるとは限らない」

という名言がありますが…

なに1つ成績が出てきません。

怪我していたのでしょうか。

こころ優しい読者の方にコメントいただきました。同世代では5本の指に入る選手のようです。

1984年 全日本トランポリン競技選手権大会 Aクラス個人競技男子 5位
1985年 全日本トランポリン競技選手権大会 Aクラスシンクロナイズト男子6位
1986年 全日本トランポリン競技選手権大会 Aクラス個人競技男子 4位
1987年 全日本トランポリン競技選手権大会 Aクラス個人競技男子 4位

スポンサーリンク

山本宜史の家族や妻(嫁)は?

公開情報はありませんでした。

元トランポリン選手ですし、日本代表監督を務めています。

年齢的に考えると、

奥様やお子様はいると考えるのが、無難ですよね。

公開情報がありましたら、更新したいと思います。

山本宜史と塚原千恵子の関連

専務理事代行に就任したときには、

女子の塚原千恵子、新体操の山崎浩子の各強化本部長は続投しています。

山本宜史もトランポリン強化部長を経験しています。

また、トランポリン強化部長時代に、体操協会副会長にいたのは、塚原光男副会長でした。

さらに、塚原光男副会長の奥様が塚原千恵子氏となります。

山本宜史は、立場も年齢も上にいる塚原光男副会長へ反論することはできず、その夫人へも何も言えない状況が想像つきます。

塚原千恵子が凄い権力をもっていたのならば、

息が掛かった人間のひとりに見えます。

スポンサーリンク

山本宜史とレインボー体操教室の関係

宮川紗江選手が所属していたレインボー体操教室は、

「舞台DIVE!!の飛込みの演出で使用するトランポリンの指導には、

トランポリン日本代表監督を務めた山本宜史氏が、ご指導されます。」

という紹介をしています。

レインボー教室はトランポリン教室ですし、

山本宜史はトランポリン強化本部長でした。

深い関連しているかもしれませんね。

→ 宮川紗江レインボー契約解除の理由なぜ?コーチ告発者は誰?

まとめ

ここまでの情報をまとめます。

  • 大阪出身
  • 大阪体育大学
  • 家族情報なし
  • 選手実績なし
  • 強化部長時代から塚原千恵子は役員。
  • レインボー体操とも関係あり

これから、ちょくちょく見かけると思う人物をまとめました。

関連記事

→ 二木英徳会長(日本体操協会)の経歴や家族は?五輪報奨金にポケットマネー!

→ 石崎朔子副会長のプロフィールや出身高校と大学は?新体操の黎明期を支える功績がスゴイ!

スポンサーリンク

4 件のコメント

  • 1984
    https://www.jpn-gym.or.jp/wp-content/uploads/2013/07/tra-1984zennihon.pdf
    1985
    https://www.jpn-gym.or.jp/wp-content/uploads/2013/07/tra-1985zennihon.pdf
    1986
    https://www.jpn-gym.or.jp/wp-content/uploads/2013/07/tra-1986zennihon.pdf
    1987
    https://www.jpn-gym.or.jp/wp-content/uploads/2013/07/tra-1987zennihon.pdf

    たいした成績ではありませんが、1984~1987年の大学在学中の大会記録です。
    国内では比較的上位の選手だった様子ですが、国内優勝経験や世界経験はありません。
    遠く及ばなかったといった方が良いでしょう。

    • コメントありがとうございます。
      情報提供ありがとうございます!
      記事に反映させていただきました。
      よろしくお願いいたします。

    • コメントありがとうございます。
      記事に追記させていただきました!
      よろしくお願いいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です