山口哲治(星稜/神戸製鋼)の経歴学歴は?松井秀喜が消えた天才で紹介!

山口哲治(やまぐちてつじ)さんが松井秀喜の「消えた天才」で取り上げられました。

「野球界のレジェンド松井秀喜が絶対に勝てなかった同級生の天才ピッチャー」として紹介されました。

山口哲治(やまぐちてつじ)が、星稜高校から神戸製鋼の時代までの経歴を調べていきます。

また出身中学や出身高校を調査しています。

スポンサーリンク

山口哲治(星稜/神戸製鋼)の経歴学歴は?

松井秀喜と甲子園を沸かせた星稜ナインで、投手として活躍した山口哲治さんを調査します。

中学時代~

かほく市立河北台中学校に通学しました。(松井秀喜は根上中学校です。)

県庁所在地の金沢市の南側に位置しています。

河北郡かほく市の中学校のレベルは拮抗してます。

高校時代~

星稜高校に進学

1992年、夏の甲子園予選(石川県大会)の5試合すべてに先発登板して、防御率は0.00を記録

甲子園予選(石川県大会)の成績

  • 試合   5
  • 回数  36
  • 自責点  0
  • 被安打 16
  • 奪三振 36
  • 四死球  9

 

星稜高校は松井秀樹と同じくらい注目されていた投手です。

3番投手で起用されることが多く、投打でも重要な選手だと分かります。

高校3年の秋、高校生日本代表にも選出され、プロ志望も表明。

ドラフト会議で指名はありません。

当時のことを「ショックで立ち直れなった。」と振り返るのが印象的です。

社会人時代

星稜高校を卒業後、神戸製鋼に就職しました。

神戸製鋼の野球部に所属して、プロ野球を目指します。

社会人時代は目立った成績はありません。

入部し8年後、肩を壊したことがキッカケで選手引退を決断しました。

現在~

選手引退後も、神戸製鋼に勤務しています。

地元の少年野球チームの監督もしているので、現在も野球に携わった生活を送っています。


スポンサーリンク

山口哲治の投球動画

山口哲治の投球動画を見つけましたので、ご紹介します。

(再生ボタンを押すと投球練習から始まります。)

左投げオーバースローで、投球フォームがカッコイイです!

低めのコントロールが抜群です。

体型

  • 身長:175cm
  • 体重:74㎏ (高校時代)

持ち球

  • ストレート
  • カーブ  ←インコースのカーブがイイ!
  • シンカー

 

スポンサーリンク

山口哲治の嫁(妻)や子供の家族構成は?

2000年12月ごろ、当時27歳だった美砂子さんとご結婚されています。

結婚式に松井秀喜も登場するなど、今でも親交があることが分かります。

家族構成はコチラになります。

家族構成

  • 山口哲治さん
  • 美砂子さん
  • 子供3人

 

子供の性別は分かりませんが、男の子だったら、一緒に野球したりしているかもしれません。

素敵な家庭を気付いてらっしゃると推察しています。

松井秀喜が結婚披露宴スピーチとは?

松井秀喜が結婚式で贈った「言葉」はコチラです。

選手として終わっても別の形で、野球に携わってほしいという願いを感じますね。

今年いっぱいで野球を辞められるということで。

プロで対戦するか同じチームでやるという夢がありました。

夢はかなえられませんでしたけど、これから2世をプロ野球に送り込んでいただければ。

ぜひ我が巨人軍でお待ちしています。

いい選手に育て上げてもらいたいなと。

出典:スポーツ報知

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です