浦和レッズサポがアウェイ仙台戦で中学生の演奏無視する応援態度に賛否両論?

浦和レッズサポがアウェイ仙台戦での応援態度に賛否があるできごとがありました。

2018年10月7日(日)にJ1リーグ第29節が行われました。

ホームゲームのベガルタ仙台は、試合前のイベントで、

Softbank 東北絆CUP presents『復興ライブ』を行い、

塩竈市立第一中学校吹奏楽部が登場しました。

その中学生が演奏が始まりましたが、浦和レッズサポーターは、

そのタイミングで浦和レッズの選手達のアップが始まってしまったことにより、浦和側は応援を開始します。

その結果、地元中学校吹奏楽部の演奏をかき消してしまいました。

その浦和レッズサポに対して賛否両論があると話題を集めています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です