塚原光男(嫁は千恵子)の経歴や子供は?ムーンサルトの技がヤバイ!

塚原夫妻は日本で一番話題になっている注目度が高い夫婦なのではないでしょうか。

18歳の女性にたいして、高圧的な態度で誘導尋問したという疑いの目が向けられています。

全国民から、そのような目で見られているように感じます。

塚原光男の経歴について調べました。

スポンサーリンク

塚原光男の経歴

東京都北区出身です。

学生時代は

  • 國學院高等学校
  • 日本体育大学体育学部

を卒業しています。

大学生時代にはメキシコ五輪に出場しています。

大学卒業後は、社会人になって河合楽器になってから、

ミュンヘン五輪(1972年)
モントリオール五輪(1976年)

に出場してます。

鉄棒で2大会連続で金メダルを獲得しています。

2大会連続ってすごいですよね。

スポンサーリンク

月面宙返りの技がヤバイ!

塚原光男は新技の研究に余念がありません。

1970年に跳馬で「ツカハラ跳び」
1972年に鉄棒で「月面宙返り(ムーンサルト)」

の新技を開発したそうです。

月面宙返りの開発は、トランポリン競技からヒントを得て、鉄棒へ発展したそうです。
凡人には思いつかないイマジネーション能力、
それを体現できる身体能力に驚きます。

普段の練習を終えてから、誰もいない練習場で、
何度も繰り返しトライして、完成させたそうです。

海外で月面宙返りのことを「塚原」と呼ぶそうです。

スポンサーリンク

塚原光男の嫁は塚原千恵子

嫁は塚原千恵子も体操選手で、1972年現役引退して、塚原光男と結婚しました。

1967年の全日本学生体操競技選手権大会で個人総合優勝しました。

その後も活躍し、1968年メキシコ五輪に出場しました。

個人は19位でしたが、女子団体では4位の大健闘に終わりました。

妻の千恵子も、アスリートでした。

スポンサーリンク

子供は塚原直也

絵にかいたようなの体操一家ですよね。

塚原直也は2004年アテネ五輪の体操男子団体メンバーとして、金メダルを獲得しています。

「体操はじめて、やっとたどり着いた」と話しているのが印象的でした。

日本五輪史上初の父子金メダリストとなった瞬間でした。

→ 塚原直也コーチの嫁と子供や家族は?オーストラリア国籍の理由は?

まとめ

塚原光男は金メダルを獲得し、

塚原千恵子は五輪出場し

塚原直也も金メダルを獲得しています。

まさにアスリート一家、体操一家です。

日本体操協会会長の記事です。

→ 二木英徳会長(日本体操協会)の経歴や家族は?五輪報奨金にポケットマネー!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です