高尾カイジ問題やクレーム内容や謝罪文やお詫びは?下取りの対応とは?

高尾がリリースしたパチンコ台のカイジ4で問題がありました。

カイジ4の問題のクレーム内容謝罪文やお詫びを見ていきましょう。

驚きの下取りの対応とは何だったのか調査してきます。

スポンサーリンク

高尾カイジ問題とは?

パチンコ台を営業した台のスペックと、販売したパチンコ台のスペックが異なっていました。

高尾がパチンコ店に対し「新台の性能は人気機種みたいに出る台ですよ。」とデモ機を使いパチンコ台を売り込む営業をします。

実際にパチンコ店に納品された台は、営業時のスペックとは異なる台だったのです。

問題となったパチンコ台の画像はコチラです。

時速3万発、純増17個以上というハイスペックを売りにしていました。

期待するユーザも多かったようで、設置店舗やユーザからクレームがありました。

スポンサーリンク

高尾カイジ問題の謝罪文は?

2018年6月26日、6月初旬よりホール導入された

『CR弾球黙示録カイジ HIGH&LOW 319Ver.』で、

営業活動時に説明した数値及び見本機の性能と、

運用機の数値及び性能に大きな差異が生じていたとして、

同日付けで導入ホールにお詫び文を送付しました。

同機の「RUSH中の純増個数」について、

開発サイド側が営業サイドに正確な情報を伝えることができず、

営業サイドが誤った認識で営業活動と見本機を作成した結果、

運用機と見本機の性能に大きな違いを生む結果になったと説明しています。

スポンサーリンク

高尾の下取りの対応とは?

新品パチンコ台の販売価格は40万と言われています。

下取りを20万ですることを発表していますが、その条件がヒドイです。

別の新台を買ってくれたら、スペック詐称したパチンコ台を下取りするというものです。

以下のツイートの例が分かりやすいです。

スポンサーリンク

実際に遊戯したユーザの声は?

関連記事

→ 内ヶ島正規(パチンコ高尾社長)の経歴や顔画像は?会社の歴代社長や役員は?

→ 水野成規(みずのせいき)は愛知県のパチンコ関連会社社長でフィリピン射殺事件

→ 内ヶ島隆寛(高尾)の経歴や父親や兄は?パチンコ台の開発への想いとは

→ 庄田一仁の経歴や顔画像や事務所は?愛知県の会社名や事業内容は?

→ 内ヶ島マユミ(高尾会長)の経歴や顔画像は?旦那や子供や国籍は

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です