台湾脱線事故のブユマ号は日本製で会社名どこ?原因理由はなぜか?

台湾脱線事故ブユマ号(特急列車)日本製会社名どこなのでしょうか。

脱線した原因理由はなぜか調べていこうとおもいます。

スポンサーリンク

台湾で特急車両が脱線の概要は?

2018年10月21日の夕方、台湾北東部で8両編成の特急列車が脱線しました。

8両編成の特急列車には360人が乗車しており、乗車していた18人が死亡し、187人が怪我をしました。

30年以上ぶりの電車事故ということで台湾でも日本でも注目度が高い事故が発生しました。

ブユマ号(特急列車)は日本製で会社名どこ?

台湾脱線事故の列車「ブユマ号」と言われています。

その車両は日本製であることを報道されていますが、どこの会社なのか気になります。

調べてみたところ、日本車輌製造株式会社が製造した「TEMU2000型電車」であることが判明しました。

日本車輌製造はJR東海の子会社です。

スポンサーリンク

特急列車が脱線した原因や理由はなぜか?

現時点では明確に分かっていません。

事故発生の30分前に、運転手などは列車の不具合があったこと話しています。

その不具合はブレーキだった可能性があり、スピード超過となった可能性も考えられます。

直近で点検時は異常がなかったという報告があがっています。

  • 線路状況がどうだったのでしょうか。歪んでいたりしたことはなかったのでしょうか。
  • 運転手の健康状態はどうだったのでしょうか。

スポンサーリンク

ネットの声

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です