澤谷廣典が激白!山根明会長の謎のグルメ事情!お好み焼きのエピソードも?

澤谷廣典も把握する「おもてなしリスト」

山根明会長と付き合いが長いので、澤谷廣典も「おもてなしリスト」は完全に把握しています。

例えば、「肉」でいえば和牛しか食べないし、豚肉、鶏肉、合い挽き肉はダメというように細かい好みがあります。

食事に出かければ店員さんに向けて「この食材は多めにして、この食材は少なめにして」と細かい指示をしていました。

元側近と言われてるだけあって、完全に把握していることに驚きを感じます。

スポンサーリンク

澤谷廣典が激白!山根明会長の謎のグルメ事情!

澤谷氏が山根明会長と、お好み焼きを食べに行った際

豚肉が嫌いだから、気を利かせて豚肉肉を抜いておいたところ、

山根明会長:『なんで豚入ってへんねん!お好み焼きなら豚やろ!』

ってむっちゃキレられたと明かしました。

独特な名言が多い山根明会長ですので、情景が思い浮かびますよね。

ボクシング連盟会長という肩書きがなかったら、面白いキャラクターです。

山根明会長の実の妹も「兄は芸能人ですから」という風に言ってるのが頷けます。

スポンサーリンク

他グルメのエピソード

豚肉が嫌いだから餃子も嫌いだと澤谷氏は思っていたので、コース料理などでも出さないように店員さん・幹部に指示していました。

山根明会長は「ペチャンコの餃子が凄く好き」と言っていたそうです。

そのエピソードから「餃子好き」ということをインプットされた澤谷氏は、肉厚な餃子が食べれる店にいったら

山根明会長「いらん。嫌いや!」

と山根氏の細かすぎる好き嫌いを激白していました。

さらに、シューマイも豚肉だから、テーブルから下げようとしたところ、

山根明会長より「みせてみー」と止められて、シューマイを食べていたそうです。

シューマイの上に海老が乗っているシューマイは好きという謎の好みです。

まとめ

「肉」でいえば和牛しか食べないし、豚肉、鶏肉、合い挽き肉はダメと思い込んでいました。

  • お好み焼きの豚肉はOK
  • ぺったんこの餃子はOK
  • 肉厚な餃子はNG
  • 海老がのったシューマイはOK

餃子、シューマイの原材料は似たり寄ったりだと思います。

エビが乗っているだけで食べれるから、偏食が凄いですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です