ピートジュリアンコーチの経歴や年齢や家族は?名言や大迫傑の評価は?

大迫傑は世界屈指のランニングチーム「オレゴン・プロジェクト」に所属しています。

ピートジュリアンは、オレゴンプロジェクトアシスタントコーチ・大迫傑のコーチです。

スポンサーリンク

ピートジュリアンの経歴は?

ピートジュリアン(Pete Julian) の経歴を調べていきましょう。

1971年5月11日生まれですので、2018年10月の時点での年齢は47歳になります。

アメリカ合衆国オレゴン州の出身で、アシュランド高校、ポートランド大学に進学しています。

学生時代はクロスカントリーの選手で全米の大会でも優秀な成績を残していました。

クロスカントリーを専門に活躍し、1997年と1998年のIAAF世界クロスカントリー選手権にも出場しました

1999年のアメリカ内の大会(1999 Pan American Games)で10000mで銅メダルを受賞し、1999年のIAAF世界選手権でもアメリカ代表として10000mを走りました。

ワシントン州でコーチを務め、2012年の8月、ジュリアンはナイキ・オレゴン・プロジェクトにアシスタントコーチとして参加しています。

白血病の病歴があり実験的治療によって生き延びたという話があります。

スポンサーリンク

ピートジュリアンの妻や子供は?

家族の情報は見つけることが出来ませんでした。

SNSには子供の写真が写り混んでいるようでしたので、結婚されて子供がいるように感じました。

また愛犬家でもあり、かわいい犬の画像をアップロードしています。

スポンサーリンク

ナイキ・オレゴン・プロジェクトとは?

ナイキ社によって、アメリカ合衆国の長距離走選手強化を目的に、本社を置くオレゴン州で2001年に設立された陸上競技チームです。

モハメド・ファラー(イギリス)、ゲーレン・ラップ(アメリカ) 、マシュー・セントロウィッツ、大迫傑(日本)など、様々な国籍の選手が所属しています。

スポンサーリンク

大迫傑の評価は?

ピートジュリアンは「世界トップ10になれる」と絶賛しています。

2013年頃から二人三脚で走力強化のトレーニングを重ねてきて、タイムにこだわるのではなく、勝つためのレースをすることが指導方針ということです。

「5年前から王者になるために必要な練習をしてきた。今回は勝てなかったが、成長の跡がはっきりと見える。ようやく努力が形となって表れてきている」とピートジュリアンコーチは言っています。

ピートジュリアンの名言

ピートジュリアンコーチに言葉を掛けれれて、大迫選手の肩を軽くした名言があります。

誰しも42キロを走る前は不安なんだ。それが当たり前の反応だ。走れるかどうか心配。その感覚が正常で、そういうことを考えていなかったらおかしい

スポンサーリンク

大迫傑から賞金のプレゼント

2018年10月7日 (日) に 2018シカゴマラソンが開催され、大迫傑が3位入賞しました。

2時間5分50秒の日本新記録を樹立したので、日本実業団連合からの報奨金1億円が渡されるそうです。

その10%はコーチに渡したい。」と発言していますので、ピートジュリアンコーチに1000万円をプレゼントする気持ちがあるようです。

関連記事

→ 藤原徹監督(ソフトボール)の家族や埼玉栄高校で指導?東京富士大女子のポリシーは?

→ 安室奈美恵が無人島で取材場所どこ?ナガンヌの名前由来や画像や動画を調査!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です