大竹壱青の父親と母親と姉の経歴は?下手な理由はなにか考察!?

東京五輪、世界選手権などで活躍が期待される大竹壱青について調べました。

この画像をみていただいて分かるように非常に爽やかなバレー選手で、すこしワイルドなところがカッコイイです。

大竹壱青のご家族は、アスリート一家であることが判明しました。

さっそく、詳細をみていきましょう。

大竹壱青の経歴は!?

まずは大竹壱青の経歴を簡単にまとめます。

大竹壱青のプロフィール
名前:大竹壱青
読み方:おおたけいっせい
年齢:22歳
生年月日 1995年12月3日
出身地 日本の旗神奈川県横浜市
身長 201cm
体重 100kg

身長201cm、体重100kgの恵まれた体格で、活躍するバレー選手です。

2014年6月(17歳:高3)には、東京五輪の強化指定選手である「Team CORE」のメンバーに選出されました。

2015年には、セリアA(2部)のトゥスカーニアに練習生で1か月の短期留学、2017年にはドイツのユナイテッドバレーズ・レインマインに短期留学しています。

2018年4月、パナソニック・パンサーズの入部しました。

出身高校と出身大学は?

出身高校は、東亜学園高等学校です。

インターハイや春高バレーにでるバレーの名門高校です。

その後、中央大学へ進学しています。

スポンサーリンク

大竹壱青の姉は!?

大竹里歩です。

プロフィール
名前:大竹里歩
読み方:おおたけりほ
年齢:24歳
生年月日:1993年12月23日
出身地;神奈川県横浜市
身長 182cm
体重 65kg

.
身長182cmの恵まれた体格ですね。

2014年6月(20歳)の時、東京五輪の強化指定選手である「Team CORE」のメンバーに選出されています。

現在はデンソー・エアリービーズに所属しています。

弟の大竹壱青が海外留学するときに、こころ優しい応援しているのが印象的でした。

スポンサーリンク

大竹壱青の父親は!?

大竹秀之です

大竹秀之のプロフィール
名前:大竹秀之
読み方:おおたけひでゆき
年齢:51歳
生年月日 1967年7月16日
出身地 神奈川県横浜市
身長 208cm
体重 85kg

.
身長208cmとして恵まれた体格を武器に、1992年~1999年まで全日本代表として活躍しました。

選手で活躍後、2008年にバレーボール全日本男子のコーチを務めています。

北京五輪の最終戦までチームを導いたことから指導力に定評があったのでしょう。

父親の大竹壱青は、鍋谷友理枝の父親と高校時代にチームメイトだったので、家族ぐるみの付き合いがありました。

息子の大竹壱青は、鍋谷友理枝と、幼なじみです。

大竹壱青の母親は!?

大竹秀子さんです。

年齢は、50~51歳です。(2018現在)

身長160cm で、栄養士、アスリートフードマイスターとして活躍しています。

アスリートの旦那さん、2人のお子様を陰ながら支えていたことが想像できますね。

スポンサーリンク

大竹壱青が下手な理由は何か!?

下手な理由を考えてましたが見つかりませんでした。

強いていうならば、成長段階ですので「下手」という印象を与えてしまうのかもしれません。

明日からトップレベルの選手になるという方が珍しいですよね。

練習を積み重ねていくことでバレースキルが向上していきます。

また選手としての試合のへの入り方、メンタルコントロールなど、

選手としてのメンタルも成長していけば、日本トップクラスの選手へと成長になることが期待できますね!

まとめ

ここまでまとめます。

  • 父親:大竹秀之(207cm)バレー選手
  • 母親:大竹秀子(160cm)栄養士
  • 姉貴:大竹里歩(182cm)バレー選手
  • 選手として下手ではなく成長過程
スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です