大城あいを盗聴のJFLサッカー監督(X氏)は誰か?犯行動機や理由なぜ!?

大城あい盗聴JFLサッカー監督(X氏)かを調べていきます。

盗聴した犯行動機や理由なぜだったのでしょうか。

そして東スポにのった記事が記事がコチラです。

これだと見ずらいのでコチラもどうぞ。

スポンサーリンク

大城あいを盗聴したJFLサッカー監督(X氏)は誰か?

「大貫啓一」という人物が浮かび上がってきます。

「大城あいを盗聴したX氏」は「大貫啓一」なのか検証していきましょう。

現在、犯人であるX氏のヒントは以下です。

  • 50代男性
  • JFLのクラブチームの監督
  • 児童買春禁止法で逮捕
  • S級ライセンスの永久的停止処分

 

この条件に当てはまる人物がいるのかを調査していきます。

スポンサーリンク

.
気になる過去の記事が2つのニュースありました。

2004年1月のニュース

2004年に日本フットボールリーグ(JFL)の監督である「大貫啓一」はポルノ処罰法違反の疑いで逮捕されています。

2004年の時、大貫啓一は41歳です。
そこから14年の歳月が経過した2018年では55歳になります。(50代です。)

女子高生に現金を渡してみだらな行為をしたとして、神奈川県警少年課と厚木署は13日、 日本フットボールリーグ(JFL)の佐川急便東京サッカークラブ(SC)監督、大貫啓一容疑者(41) =東京都大田区上池台=を児童買春・ポルノ処罰法違反の疑いで逮捕した。
 調べによると、大貫容疑者は昨年の2003年11月16日午後11時50分ごろ、同県厚木市の本厚木駅前で県立高校1年の女子生徒(16)に「いくらでも金を出す」などと声を掛け、自分の車に誘い込み、2万円を渡して、 近くの駐車場に止めた車内でみだらな行為をした疑い。

2010年5月のニュース

2004年に「大貫啓一」は、サッカー協会管轄下の公認指導者ライセンスの永久的停止処分を受けていた記録があります。

元代表山口素弘氏らが公認S級コーチ認定
[2010年5月21日7時54分 紙面から]

日本協会は20日、東京・本郷のJFAハウスで理事会を開き、山口素弘氏(41)ら8人を公認S級コーチとして認定した。
また、04年に協会管轄下の公的職務や公認指導者ライセンスなどの永久的停止処分を受けていた大貫啓一氏(47)について、懲罰処分を解除したと発表した。

引用:日刊スポーツ

大貫啓一の情報をまとめると以下になります。

  • 41歳(2018年で55歳)
  • 日本フットボールリーグ(JFL)の佐川急便東京サッカークラブ(SC)監督
  • 児童買春
  • 2004年に「大貫啓一」は、サッカー協会管轄下の公認指導者ライセンスの永久的停止処分を受けていた

「大城あいを盗聴したX氏」と「大貫啓一」が一致してしまうのです。

実際どうかは、大城あいやご家族のみしか知りえませんが、大きく近づいた気持ちになります。

スポンサーリンク

盗聴の犯行理由や動機はなにか?

大城あいの生活音が気になったようです。

「大城あい」のファンでもあったようで、画像を待ち受け画面にしたりするほどだったそうです。

少なくとも2年以上前から盗聴されていることが判明しています。

スポンサーリンク

大城あいのコメントは?

盗聴被害を受けた大城あいはコメントを発表しています。

参考情報

→ 大城あい(モデル)のWIKIや経歴や旦那(夫)は?現在の職業や美人姉妹の顔画像など

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です