大本幸栄(大本萌景の母親)の経歴とリーガルファンディングで集金した金額いくら?

大本幸栄_経歴_大本萌景の母親

大本幸栄はご当地アイドル「愛の葉Girls」に所属していた大本萌景の母親です。

2018年10月11日に都内で記者会見を行いました。

大本萌景は、2018年3月21日に自ら命を絶ちました。当時16歳でした。

娘である大本萌景のご遺族は「真実を知りたい」という意向をしめし、大本萌景が所属していた事務所を提訴することを会見で発言しています。

その提訴にあたり活動資金をリーガルファンディングで集金していますので、その金額はいくらか調査していきます。

スポンサーリンク

大本幸栄(大本萌景の母親)の経歴は?

名前は大本幸栄(おおもとゆきえ)で年齢は42歳です。

愛媛県松山市にお住まいで、職業は不明です。

3人の子供(長女、次女、長男)に恵まれています。

長女の大本可穂は19歳、次女の大本萌景は16歳で、長男は11歳(小5)です。

現在42歳の大本幸栄は、22~23歳で長女、25~26歳で次女、30~31歳で長男を出産しています。

2人の娘は、愛媛県立中央病院高度救命救急センターで出産していることを告白しています。

スポンサーリンク

大本幸栄は離婚歴と母子家庭だったと発言

大本幸栄は「確かにうちの家庭は再婚」と発言していますので、離婚歴があることが判明しています。

「あの子達を母子家庭で必死で育てた数年があるんだ!」と発言しているので、離婚してから数年間は母子家庭で子供を育てていたようです。
母子家庭時代の子供が、2人だったのか、3人だったのかは分かりません。

子供との時間を過ごすために、なくなく「夜のバイト」を選択していたようです。我が子への愛情が凄く感じますし、非常に苦労されていたことが伝わってきます。

スポンサーリンク

大本幸栄が訴訟する理由は?

大本萌景さんに対して長年にわたり、パワハラ行為があったり拘束時間が長い違法労働が原因で「自殺」に至ったと主張しています。

  1. 違法・不適切な労働環境で労働をさせていたこと
  2. 被告会社の社員からのパワーハラスメントによって精神的に追い詰めていたこと
  3. 学校と芸能活動の両立を阻害したこと
  4. 高校進学費用を貸し付けると言いながら直前で撤回して期待と信頼を裏切ったこと
  5. 被告会社のS社長による「愛の葉を続けないのであれば違約金1億円支払え」と発言したこと

損害賠償を求めて松山地裁に訴訟を提起いたします。

大本幸栄がリーガルファンディングで集めた金額は?

1,457,335円です。(2018年10月14日現在)

集金開始日分かりませんが、2018年4月以降から開始しているので、半年間で150万も集めています。

目標が300万に設定してありますので、すでに目標の半分まで着ていますし、それほど世間から関心がある問題だというのが伺えます。

スポンサーリンク

大本幸栄が事務所から借金した理由を公開

大本幸栄さんが、弁護士を通して手記を公開しました。

「萌景さんが全日制高校への進学を辞退するに行った経緯について」として手記を公開しました。

  • 萌景さんがなぜ事務所から学費等を借りるようになったのか
  • なぜ家族が萌景さんに学費を出さなかったのか
  • なぜ全日制高校を辞退するに至ったのか

を公開しています。

→ 大本幸栄の手記の全文公開!学費を事務所から借りる理由はなぜ?

ネットの声

関連記事

→ 大本幸栄の手記の全文公開!学費を事務所から借りる理由はなぜ?

→ 佐々木貴浩社長(hプロジェクト)の飲食店や家族は?経歴やWIKIの情報まとめ!

→ 大本可穂(ほのか姉)の経歴や高校や職業は?妹と母親への思いをツイッターから調査

→ 大井光雄社長(フィールド愛の和)の経歴や学歴は?嫁と子供や所属アーティストは?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です