大場久美子はパニック障害を克服いつ?原因や理由はなぜか?

大場久美子パニック障害克服をしたのはいつだったのでしょうか。

パニック障害を発症した原因や理由はなぜだったのでしょう。


スポンサーリンク

大場久美子がパニック障害をいつ発症した?

大場久美子が39歳(1999年)の時、パニック障害を患うことになりました。

キッカケとなったのは「母親が亡くなったこと」で、その翌日から体調がおかしくなったそうです。

症状は以下です。

  • 突然動悸が激しくなる
  • ひどい倦怠感を感じる
  • 不安状態に陥ると体が硬直する

微妙な環境の変化が起きるとパニック障害の症状が出てしまい、動悸が始まり、冷や汗が出て呼吸ができなくなってしまっていたそうです。

症状が発症する/しそうなタイミングは以下です。

  • 人ごみが怖い
  • 電車や飛行機にも乗車/搭乗できない。
  • 車で渋滞にハマる
  • 美容院で顔にタオルをかけられる
  • 個室で空調の音を聞いた

体調不良になっていた当初は何の病気なのか分からないまま4年が経過しましたが、ようやくパニック障害だと判明しました。

スポンサーリンク

大場久美子はパニック障害克服した方法といつ?

2008年に認知行動療法といわれる心理療法でパニック障害を克服しています。

以下のような対策や安心できるモノを用意していくことで克服に繋がったそうです。

  • 緊急連絡先のカード
  • 発作が起きてしまったときの対応メモ
  • 携帯電話を常に手元に置いておく

「できないこと」でなくて「できること」に注目して自信をつけていくイメージです。

スポンサーリンク

大場久美子の現在の活動は?

2009年10月に日本推進カウンセラー協会の心理カウンセラーの資格を取得しました。

2010年の6月か7月ころ、心理カウンセラーとしての活動も本格的に開始しています。

他にも公演活動にも積極的です。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です