三田佳子の現在の仕事は?病気(大病)は何でいつ患ったのか!?

三田佳子の現在について気になりました。

現在のお仕事内容や、過去に大きな病気を2つされているということです。

それぞれ見ていきましょう!

 

View this post on Instagram

 

三田佳子さん(@mitayoshiko445baaba)がシェアした投稿

関連記事:

→ 森宮隆(三田佳子の長男)の経歴と声優は?嫁は隠れCM女王のタレント

→ 高橋祐也(俳優)が出演した舞台と映画や音楽活動は?Vシネマで主演だと!?

スポンサーリンク

三田佳子の経歴は?

国民的な大女優ですが、経歴を見ていきましょう。

見出しタイトル
名前:三田佳子(みたよしこ)
生年月日:1941年10月8日
年齢:76歳
出身地:大阪市
身長:158 cm

.
女子美術大学付属中学校、高等学校を卒業し、芸能界に入りました。

NHK大河ドラマ『いのち』と『花の乱』で主演を務め、大河ドラマに複数回主演したことがある大女優です。

1996年には、女優として絶頂期にあり「CMの女王」や高額納税者番付4年連続1位でした。

三田佳子の旦那と子供は?

1974年にNHKプロジューサだった高橋康夫と結婚します。

その後、2人の息子(森宮隆、高橋祐也)に恵まれます。

現在、3人の孫がいるようですね。

スポンサーリンク

三田佳子の現在の仕事は?

幅広く活躍されてるようです。

直近の活動をまとめました。

2018年8月31日 津川雅彦さん追悼企画の「直撃!シンソウ坂上」に出演しました。

2018年9月19日 「過保護のカホコ」(日本テレビ系)のスペシャル版に出演。

2018年9月29日 NHK大河ドラマ「花の乱」の公開セミナーにゲスト出演。

2018年10月15日 「人でなしの恋」の公演。

2018年11月30日 「九十歳。何がめでたい」という朗読会に出演。

2つの病気は何?いつ患ったのか!?

2つの大病を患っていたことを告白しています。

  • 子宮体ガン
  • 硬膜外膿瘍

この病気でした。

子宮体ガン

1996年に、子宮体ガンで緊急入院からの手術しました。

2001年に、子宮体ガンの大手術をしました。

硬膜外膿瘍

2017年10月末、硬膜外膿瘍であることが発覚しました。

脊髄を取り囲む硬膜の外側に化膿菌( かのうきん)による膿瘍ができ、脊髄などを圧迫する病気です。

関東病院で受診していたことが分かっています。

最後の受診とありましたので完治しているのでしょうね。

病気と向きあう姿勢

2つの大病を患っていますが、三田佳子はポジションシンキングでした。

「寿命というのは決められていて、生まれたら必ず死ぬもの。私も死ぬときがきたら、ポンッと逝くんだろう、今は生かされているんだとつくづく思うんです。だから、それまでは精いっぱい生きればいい。すべては自分の人生。苦もあり楽もある。やっぱり生きるってすばらしい」

こんなことを考えて病気に立ち向かっていたようですね。

まとめ

ここまでをまとめます。

調査をすすめていくと、ドラマ、舞台、朗読、で活躍していることが分かりました。

患った2つの大病は、「子宮体ガン」と「硬膜外膿瘍」です。

病気と向かいながら生活していたことがわかりました。

ドラマが気になるので見てみようと思います!

関連記事

→ 森宮隆(三田佳子の長男)の経歴と声優は?嫁は隠れCM女王のタレント

→ 高橋祐也(俳優)が出演した舞台と映画や音楽活動は?Vシネマで主演だと!?

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です