マイケルコブリグの経歴学歴と中国に拘束の理由なぜ?中国の反応とカナダの反応は?

マイケルコブリグ(Michael Kovrig)は元カナダ外交官であり、その輝かしい経歴学歴を見ていきましょう。

2018年12月10日、中国拘束された理由なぜなのか調査していきます。

また中国の反応カナダの反応についてもチェックしていきます。

スポンサーリンク

マイケルコブリグの経歴学歴

マイケルコブリグ(Michael Kovrig)さんの顔写真から見ていきましょう。

爽やかで映画俳優のようなイケメンです。

テレビ中継に出演していますし、カナダでもよく知られる人物です。

経歴

コロンビア大学を卒業しています。国際問題を学んでいたので歴史学を専攻だと推察します。

カナダの元外交官で、香港在勤で、北京や香港で勤務経験があり、またニューヨークの国連本部に勤務した経験があります。

2017年2月から、シンクタンクの国際危機グループ(ICG:International Crisis Group)に所属しています。

北東アジア担当の上級アドバイザーを務めており、外交問題の専門家として活躍しています。

(シンクタンクとは、さまざまな専門家を集めての調査を行い、政策への提言などをしている研究機関を指します。)

専門分野

北東アジア(中国、朝鮮半島、日本)の国際問題について詳しい人物です。

  • 中国
  • 南シナ海
  • 北東アジアの安全保障
  • 国連
  • グローバルガバナンス
  • 多国間外交

 

言語

元カナダの外交官ということもあり、バイリンガルです。

  • 英語
  • フランス語
  • 中国語(北京周辺で使用される中国語/Mandarin Chinese)
スポンサーリンク

拘束された理由は報復?

拘束された理由は分かっていません。

2018年12月10日の夜、定期的に訪問している中国北京でマイケルコブリグ(Michael Kovrig)さんが拘束されました。

カナダ国内でファーウェイ副会長(孟晩舟)が逮捕された後、今回の拘束が起きています。

マイケルコブリグ(Michael Kovrig)が中国国内で良くないことをしていた可能性もありますが、中国政府から「報復」と考えるのが自然な流れです。

スポンサーリンク

中国の反応とカナダの反応は?

中国の反応とカナダの反応をそれぞれ見ていきます。

中国の反応

中国の反応は「アメリカの犬」と表現していることが多い印象を受けます。

アメリカの働きかけで、孟晩舟(ファーウェイ副会長)を逮捕された形式なのでアメリカ企業、カナダ企業が打撃をうける形になります。

すでに中国国内では「アップル製品」や「カナダグース」の不買運動が盛り上がっていると言われています。

今後、この動きが拡大すれば、スターバックスコーヒー、ケンタッキー、マクドナルド、アマゾンなどが打撃を受けそうです。

ちなみに中国国内の店舗数はコチラです。

  • スターバックス:2500店舗
  • ケンタッキー :5000店舗
  • マクドナルド :2500店舗

 

どの企業も中国市場に対して店舗拡大を発表して市場拡大を狙っています。

カナダの反応

カナダ人の元政治化であるロバート・キース・レイさんは「弾圧と報復」と発言しています。

関連記事

華為技術(Huawei/ファーウェイ)の副会長の女性について

→ 孟晩舟(ファーウェイ)の経歴学歴と離婚した夫(旦那)と子供は?父と母やカナダの別荘どこ?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です