ライオンエア航空(JT610便)の墜落原因や理由なぜ?事故場所や機種や航路コースは?

ライオンエア航空JT610便の飛行機が墜落してしまう墜落事故が起きました。

その墜落原因理由なぜだったのでしょうか。

事故場所や機種や航路コースを調査していきます!


スポンサーリンク

ライオンエア航空JT610便の墜落事故

2018年10月29日午前8:30ごろ、海上に墜落しました。

インドネシア・ジャカルタ郊外にあるスカルノ・ハッタ国際空港を離陸しましたが、格安航空のライオンエアのJT610便が海上に墜落しました。

こちらの動画がJT610便が飛行した飛行ルートになります。

スカルノ・ハッタ国際空港の上空を旋回しながら上昇し、5414 フィートまで上昇していきますが、途中、3650フィートまで一気に落下しています。

スポンサーリンク

墜落した飛行機(旅客機)の機種・機材は?

墜落した航空機は、新型機材のB737-MAX-8・PK-LQPです。

そして2018年8月に納品されたばかりの最新の納入されたばかりの機種です。

スポンサーリンク

墜落事故の原因や理由はなぜ?

B737-MAX-8・PK-LQP は最新機材だったのに何故、墜落してしまったのでしょうか。

現在、原因については調査中です。

自動操縦でトラブルがあったなど何かしらの機材トラブルがあったのではと推察しています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です