神山清子(陶芸家)の経歴や作品画像や工房の場所どこ?旦那(夫)と息子と娘と映画火火についても

神山清子(こうやまきよこ)陶芸家で活躍しており、その半生がNHK朝の連続テレビ小説の「スカーレット」に取り上げられることになります。

注目度が高まっている神山清子経歴作品画像を見ていきましょう。

また聖地巡礼などになる可能性もある工房場所どこにあるのか気になります。

また家族である旦那(夫)子供(息子と娘)の内容と、映画火火」についても見ていきます。

スポンサーリンク

神山清子の経歴

神山清子の経歴についてみていきましょう。

プロフィール
名前  :神山清子
読み方 :こうやまきよこ
年齢  :82歳
生年月日:1936年8月2日
出身地 :長崎県
職業  :陶芸家
.

1936年長崎県佐世保市生まれです。

幼少時代は父親の仕事の都合で、九州や関西エリアの各地を転々とする生活を送ります。

1947年(11歳)に滋賀県甲賀市信楽に移り住みました。

地元の中学校を卒業して、和洋裁学校へ進学しました。

和洋裁学校卒業後は、陶器の絵付け助手として働き始め、陶器会社に入社して絵付けの仕事を続けていきます。

1963年(27歳)に、自宅に古代穴窯がある工房を作って独立し、独自の焼成方法で「信楽自然釉」作品を生み出します。

1975年(39歳)で「信楽自然釉」を発表。

2004年には高橋伴明監督が監督を務めた『火火』が公開され、に神山清子の半生が描かれています。

【火火(高橋伴明監督)】 の詳細を見てみる

スポンサーリンク

工房の場所どこ?

神山清子の工房の場所(住所)は「滋賀県甲賀市信楽町勅旨2188−7」付近です。

甲賀市信楽町の県立陶芸の森へ向かう坂道を登ると、右側の松林の中にポツンと赤いトタン屋根が見えてきます。そこが工房こになります。

スポンサーリンク

神山清子の作品内容

神山清子さんが編み出した「信楽自然釉」という方法で作った作品はコチラです。

動画内で神山清子先生の肉声を聞くことができます!

スポンサーリンク

神山清子の旦那(夫)は?

竹田学さんです。

信楽焼の陶芸家で、弟子や数人の助手がいたようなので優秀な陶芸家だと推察できます。

神山清子さんが陶芸活動をするのは反対していました。

作品作りを手伝う女性(幸子)へ浮気をしており、ある日、駆け落ちして家を出てしまいます。

神山清子の長女(娘)と長男(息子)

長女(娘)長男(息子)との2人の子供に恵まれています。

長女(娘)

神山久美子さんです。(神山清子さんの第一子です。)

高校卒業後、短期大学へ進学しました。卒業してから数年し結婚して一児の母となりました。

自己中心的な考え方があり、自分の意見を主張をはっきり言える性格のようです。

長男(息子)

神山賢一さんです。

1961年生まれで幼少時代から母親の陶芸する姿や手伝いをしていたことが影響し、自然に陶芸の道を志します。

地元の高校を卒業後、陶芸家の道を歩みだします。

27歳のときに白血病を発症してしまいます。29歳の時、慢性骨髄性白血病で倒れました。

ドナー(骨髄提供者)探しに奔走しますが、2年後に病状が悪化して亡くなりました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です