井村雅代のスパルタはパワハラなのか?CM出演や名言集は思わず感動する

シンクロの母といわれる井村雅代について調査しました。

井村雅代の簡単な経歴から、出身高校や、指導方法についてです。

CM出演したり、思わず感動する名言が印象的です。

井村雅代の経歴は?

プロフィール
名前:井村雅代
読み方:いむらまさよ
旧姓:福井
年齢:68歳
誕生日: 1950年8月16日
出身地:大阪府
職業:アーティスティックスイミングの指導者(日本、中国、イギリス)

.
小学校は大阪府堺市の浜寺水練学校です。
小学生時代という小さい時から水泳をはじめます。

中学生時代でシンクロ競技をはじめ、
大阪府立生野高等学校、天理大学へ進学します。

スポンサーリンク

選手成績は日本選手権で2回優勝しています。
勢いそのままに1972年ミュンヘン五輪に出場しています。
メダルは獲得していません。

教員免許をとり保健体育の先生として、
大阪府内の中学校で活躍していました。

教師出身だったのと独特の指導法で大阪府教育委員を務めています。

井村雅代の学歴(中学、高校、大学)

大阪府立生野高校へ進学しています。偏差値70と言われています。

優秀な高校で、水泳部の活躍も素晴らしく、現在も全国大会に出場しています。

元サッカー日本代表の宮本恒靖や、政治家、アナウンサーを輩出しています。

大学は天理大学へ進学しています。

天理大学の水泳部は、1951年に創部しいます。

現在まで、競泳、飛込み、シンクロの歴代には、オリンピック代表選手をはじめ、国際大会入賞、全日本学生選手権優勝など、優秀な成績を残しています。

スポンサーリンク

井村雅代の夫と子供は?

1997年 同僚の体育科教諭と結婚しています。(現在の井村姓になる)

子供に関する情報は見つかりませんでした。

同僚の体育教諭と結婚されていますので、職場恋愛の末にご結婚でした。

子供の情報はありませんでしたが、「日本のシンクロ界の母」と称されています。

もしかすると、子供がいないことを理由にマスメディアが「母親」というフレーズを使ったのかもしれませんね。

新しい情報が判明しましたら、更新したいと思います。

井村雅代のスパルタはパワハラなのか!?

パワハラではありません。愛情のある厳しい指導です。

井村雅代が行っているスパルタは、理にかなっている練習方法を我慢強くやることを指しています。

それをやり続けることがスパルタ教育であり、一方的に抑えつけるものではなく、選手たちも理解しています。

そのため、選手は井村雅代からの愛情と感じて練習に励んでいます。

スポンサーリンク

練習内容は?

ハイポキシック(呼吸制限による低酸素運動)と呼ばれる練習があります。

息継ぎ回数を制限することで心肺機能を高めるという練習で、3回ストロークしたら1回息継ぎからはじまり、5回ストロークしたら1回息継ぎ、7回ストロークしたら1回息継ぎするという非常にハードな練習です。

ハイポキシック1セット(1時間半)を、1日で5セット(合計、7時間半)していたそうです。

他にも、 全力で泳いで疲労した状態から、シンクロの通し練習おこなったり、その後も、また競泳しています。

1日12時間練習したり、5200カロリーを食べないといけない選手がいたりするほどの過酷な練習が組まれたそうです。

井村雅代のテレビCM

2018年8月より東京海上日動のCM

井村雅代コーチが出演しています。

内容は、コーチ、シンクロ選手、言葉が、かわるがわる映し出されます。

そこの言葉はこちらです。

「嫌いでけっこう」

「憎くてけっこう」

「鬼でけっこう」

「さあ、いくよ」

「READY TO GO!」

「その挑戦が未来を変える」

嫌われても、憎くても、鬼と思われてもメダルを獲るためならば「それでけっこう」という気持ちが伝わります。

スポンサーリンク

井村雅代の名言集

結局のところ、世界で戦えるレベルにまで登りつめるには、ほかの人より努力するしかないんです。

私はコーチとしてよく叱ります。基本的には言いたいことは我慢しません。本音をズバズバ言います。嫌われるのは大いに結構。「好き」だなんて言われたら、キツイ練習をしにくくなりますから(笑)。

うまくいかなかったときは、人のせいにしないで、まずは自分の中に理由を見つけなさい。言い訳とか人のせいにしないで、自分で理由を見つけて解決してけばいい

人間は引っ張られたほうが変わりやすい。その引っ張り役が教師であり、コーチであり、会社の上司であるわけです。その人の熱意や情熱のによって「できるかな」から「できるみたい」に変っていくんです

負けたくない。自分の選手は絶対、表彰台に立たせてやりたい

自分にしかできないことをひとつひとつやれば、絶対よくなるんです

「これでいいのかな」と思ったら、コーチに確認すればいい。遠慮する必要などありません。そのためにコーチがいるのですから。

ネットの声

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です