飯田怜は骨折の大怪我だった原因なぜ?プリンセス駅伝の順位は?

飯田怜骨折大怪我だった原因なぜだったのか調査していきましょう。

岩谷産業に所属している飯田怜は2区のランナーとしてプリンセス駅伝に出場しました。

プリンセス駅伝順位は何位だったのでしょうか!

スポンサーリンク

飯田怜の怪我は骨折だった?

右足のスネを骨折する大怪我でした。

右脛骨(けいこつ)を骨折した場合、全治3ヵ月と言われています。

マラソン選手として足は選手生命になる部分ですので、心配する声も多いです。

スポンサーリンク

飯田怜は骨折した原因はなぜか?

飯田怜は骨折した原因は2つの可能性があります。

  1. 疲労骨折
  2. 選手同士の接触

疲労骨折

疲労骨折の可能性があります。

もともと古傷があったことや、右足のスネを骨折しています。

映像確認すると、足が着地するときに、捻挫のようにクジいているように見えました。

選手同士の接触

後方の選手が足にかかり転倒したようにも見えます。

2区の残り200mのところ、ラストスパートで各選手が残っている力を振り絞って走っているところです。

選手同士が至近距離で走っていますので、転倒するリスクが高い地点と言われています。

そこで飯田怜は後方からきた選手の足が、自分の足にからまり、転倒してしまったようにも見えました。

スポンサーリンク

怪我した選手を止めなかった理由は?

本人が走ることを決断したためです。

走行選手に触れると失格になるので、怪我の容態を確認することはできません。

目撃しただけで骨折しているかを判断することができませんし、選手はタスキを繋ぐという責任があります。

また残り200mだったら少し頑張れば、タスキを繋げることができた距離です。

個人競技だったら立ち止まって棄権を選択していたかもしれません。

監督はすぐに危険を宣言していたが、大会運営側の連絡がすぐに伝達できなかったようです。

関連記事

→ 廣瀬永和監督(岩谷産業)の経歴や学歴は?指導歴や選手は野口みずき?

→ プリンセス駅伝運営!日本実業団陸上競技連合の西川晃一郎会長の経歴とは?

スポンサーリンク

岩谷産業のプリンセス駅伝での順位は?

岩谷産業は創部2年目で非常に若いチームで、廣瀬永和監督が指導しています。

廣瀬永和監督はアテネ五輪のマラソンで金メダルを獲得した「野口みずき」を育成した実績があります。

関連記事

→ 廣瀬永和監督(岩谷産業)の経歴や学歴は?指導歴や選手は野口みずき?

→ プリンセス駅伝運営!日本実業団陸上競技連合の西川晃一郎会長の経歴とは?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です