香港ビルから紙幣(お金)!犯人は誰で犯行理由はなぜか?【動画あり】

香港ビルから紙幣(お金)が舞う事件がありました。

犯人で名前やどんな人が犯行に及んだのか気になります。

また犯行理由なぜだったのかも調査や動画あります。

スポンサーリンク

香港でビルから札束をばら撒きヤバ過ぎる

2018年12月15日、高級車ランボルギーニを運転する中国人男性です。

ランボルギーニから降りた男性は手を広げて、通行人の関心を引き付けそうな言葉をいいます。

次の瞬間、ビルの窓から紙幣が、ひらひらを舞い降りてきます。

100香港ドル札(約1500円)が空から降ってきたら夢のような話ですよね。

映画のワンシーンのようです。

スポンサーリンク

犯人は誰で犯行理由は

Wong Ching kit というビットコインで億万長者になった男性が警察に確保されています。

コインマスターと呼ばれており、「金持ちの子弟」と名乗る24歳の男性です。

犯行理由は自身のSNSで「豊かな人たちから金を奪い、貧しい人たちを救う」と書き込むなど、紙幣をまくことを書き込んでいました。

100香港ドル札(約1500円)で偽札の可能性が高いという報道もありますが、偽札ではなくて本物だと推察しています。

スポンサーリンク

場所はどこ?

香港の秋葉原と呼ばれる電気街がある九竜地区のシャムスイポー(深水埗)です。

貧困世帯が多い地域として知られるエリアです。

スポンサーリンク

ネットの声

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です