樋田淳也の入れ墨(刺青)と意味は?鳥獣人物戯画のウサギに酷似?絵師の感想など

樋田淳也容疑者が脱走した後から、ひったくり事件が続発しているようです。

そんな中で、樋田淳也容疑者の左ふくらはぎの部分にある入れ墨の画像が公開されました。

どんな入れ墨はどんな意味があるのでしょうか。

鳥獣人物戯画に似ているのかチェックしていきましょう!

関連記事

→ 樋田淳也と自転車旅行の男性は誰か?馴れ初めや出会った道の駅は場所どこ?

→ 樋田淳也は山口県のどこで発見された?見つかった理由は?

→ 樋田淳也を指名手配!懸賞金(特別捜査報酬金)はいくら金額予想?懸賞金をかけられない事件?

→ 樋田淳也の入れ墨(刺青)と意味は?鳥獣人物戯画のウサギに酷似?絵師の感想など

→ 樋田淳也の手配書の内容は?大阪ひったくり4件関与か?行動範囲は?

→ 【樋田淳也】面会所・留置所のアクリル板の値段は?その特性を使った脱走?

スポンサーリンク

樋田容疑者の左ふくらはぎの入れ墨(刺青)は?

入れ墨のイメージ図が公開されました。

笑ったウサギの左手に打ち出の小槌で、足元に小判がでています。

・ウサギ
・打ち出の小槌
・米俵

単色なのかカラーなのかは分かりません。

あまり派手な色合いにするイメージではなさそうですよね。

ウサギの入れ墨(刺青)の意味は?

ウサギの入れ墨にはどんな意味があるのでしょうか。

どんな意味があるのか調査したところ

  • 飛躍の意味
  • 繁栄の意味
  • 幸運の意味
  • 古来から豊穣や力強さなどのシンボル
  • ウサギは月の化身であり、神聖なシンボル

という意味があります。

もう少し具体的に見ていくと

  • ウサギはピョンピョン跳ねるので「飛躍」
  • いつの間にか繁殖しているので「繁栄」
  • ラビットフットのイメージから「幸運」

という意味が生まれています。

(こんな風な観点でみたことがなかったので、素直に面白いですね。)

スポンサーリンク

鳥獣人物戯画のウサギに酷似?

「鳥獣人物戯画のウサギ」と「樋田容疑者のウサギ」が非常に似ています。

特にウサギ・カエル・サルなどが擬人化して描かれた甲巻が非常に有名です。

鳥獣人物戯画は、現在の漫画に用いられている効果に類似した手法が見られることもあって、「日本最古の漫画」と言われています。

ほんと似ているんですよね。これは何か意味が隠されていそうです。

スポンサーリンク

入れ墨をみた彫師の感想は?

「願望をそのまま絵にした」というのが率直な感想のようです。

ウサギの入れ墨は定番ですが、

ウサギを入れるのは女性が多く

男性は龍が多いです。

また小判や俵のイラストから「金運」を上げたいことが感じます。

「お金」に執着する特徴がある入れ墨だと話しています。

現在、ひったくりが連続して起きているのが、樋田淳也容疑者かもしれません。

入れ墨の料金(目安)は?

スマホくらいのサイズだと、30000~50000円くらいです。

入れ墨の大きさによって値段は変わります。

身長163cmと小柄ですので、大きな入れ墨は入れていないと思うので、スマホくらいのサイズだと予想しています。

スマホのサイズだと、30000~50000円くらいです。

彫師によって価格設定はことなりますので、目安としてください!

まとめ

樋田容疑者の入れ墨(刺青)の特徴を振り返ります。

  • 左のふくらはぎ
  • ウサギ
  • 打ち出の小槌
  • 米俵

似ている人がいたら、足元に注目してみましょう。

そして離れてから通報するようにしましょう!

安全第一でいきましょう。

関連記事

→ 樋田淳也と自転車旅行の男性は誰か?馴れ初めや出会った道の駅は場所どこ?

→ 樋田淳也は山口県のどこで発見された?見つかった理由は?

→ 樋田淳也を指名手配!懸賞金(特別捜査報酬金)はいくら金額予想?懸賞金をかけられない事件?

→ 樋田淳也の入れ墨(刺青)と意味は?鳥獣人物戯画のウサギに酷似?絵師の感想など

→ 樋田淳也の手配書の内容は?大阪ひったくり4件関与か?行動範囲は?

→ 【樋田淳也】面会所・留置所のアクリル板の値段は?その特性を使った脱走?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です