ガイアナで着陸失敗した飛行機の機種や飛行コースは?乗客は全員無事

ガイアナ協同共和国で着陸失敗した飛行機機種飛行コースはなんでしょう。

乗客は全員無事だという方向があります。


スポンサーリンク

ガイアナで着陸に失敗した旅客機

飛行機は、「Fly Jamaica Boeing 757-200」です。

OJ256便は2018年11月9日午前2時9分に、
カナダのトロント ピアソン国際空港(YYZ)を目指し、
ガイアナ協同共和国のチェディ・ジェーガン国際空港 (GEO) を飛び立ちました。

無事離陸して高度を上げていきますが、ガイアナ協同共和国の首都ジョージタウンの上空付近で、飛行機のトラブルが発生します。

機長は、これ以上の飛行は技術的に困難と判断し、チェディ・ジェーガン国際空港へ戻ることを判断しました。

離陸してから45分後、

滑走路へ着陸しますが、飛行機は停止せず、すべて滑走路を走り切り、フェンスを破ったところにある砂漠地帯で停止しました。

飛行機内には、120名の乗客と8人の乗組員が搭乗していたが全員無事でした。

少数の乗客が負傷しており、空港ターミナルで治療を受けていた。

スポンサーリンク

飛行機の機種や飛行した航路や高度は?

今回、緊急着陸が失敗したボーイングが飛行したルートはコチラです。

突然、急降下するようなことはありませんでした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です