具志堅幸司の現在は日本体育大学の学長!沖縄の具志堅用高と講演料は?

具志堅幸司について、もう少し突っ込んで調べました。

新たなことが判明していきます。

それではどうぞ、ご覧ください。

スポンサーリンク

具志堅幸司の現在は?

具志堅幸司の現在は、日本体育大学の学長を務めています。

もともと憧れの日本体育大学に入学し、学生時代を過ごします。

大学入学後、2度の大きな怪我を経験して、体操選手を諦めよう、体操を断念しようと思ったそうです。

清風高校時代の恩師に支えられ、体操競技を継続しています。

現在、大きな怪我を乗り越えた日本体育大学には大きな思い入れもあったことでしょう。

またロサンゼルス五輪で金メダル獲得していますので、

日本体育大学としてはウッテツケノの学長ではないでしょうか。

スポンサーリンク

大学長の講演を聞くには?

具志堅幸司は、講演会/トークショーの出演を募集しています。

出演料は、別途相談となっていますが、相場はどれくらいなのか調べてみました。

1番安い場合だと5万円(交通費込み+都内だったから)

1番高くて2時間で30万円(ただ話すだけ+交通費)

と言われいます。

ロサンゼルス五輪で金メダル獲得した学長の講演ですので、20~30万くらいしてもおかしくはないのではないでしょうか。

お値段だけ聞いてみたい気持ちになりますよね。

スポンサーリンク

沖縄の具志堅用高との関連性は?

関連性はないと推察しています。

具志堅用高は、沖縄県石垣市出身で、ボクシング競技に情熱を注いでいます。

具志堅幸司は、大阪府出身で、体操競技に情熱を注いでいます。

出身も競技も異なりますので、関連性はないと考えています。

一時は兄弟を疑いましたが、兄弟ではないと考えています。

具志堅幸司は紫綬褒章を受章

紫綬褒章(しじゅほうしょう)と読みます。

この賞を2005年に受賞しています。

日本の褒章の1つで、対象となる人物は、学術、芸術、技術開発等の功労者を対象とし、スポーツで顕著な業績を上げた人も含まれます。

記章及びメダルの綬(リボン)は紫色です。

4月29日付と11月3日付の年2回の表彰となります。

審査基準は内閣府賞勲局が行って、日本国憲法により規定される国事行為として天皇が授与します。

スポンサーリンク

まとめ

ここまでを簡単にまとめました

  • 具志堅幸司の現在は、日本体育大学の学長
  • 具志堅幸司と具志堅用高は無関係
  • 具志堅幸司は紫綬褒章を受章

関連記事:

→ 二木英徳会長(日本体操協会)の経歴や家族は?五輪報奨金にポケットマネー!

→ 二木英徳会長(日本体操協会)の経歴や家族は?五輪報奨金にポケットマネー!

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です