仁多見史隆副会長(新潟ボクシング)の家族と経歴!趣味・趣向は?

新潟県ボクシング連盟副会長である仁多見史隆氏について調べました。

記者会見では熱心に説明する姿は、すごく好感が持てます。

仁多見史隆の家族や経歴なのか気になりますよね。

調べましたので、それでは、どうぞ!

スポンサーリンク

仁多見史隆氏(新潟ボクシング)の家族と経歴!

家族は妻(嫁)と子供(小学生の娘)がいます。

国体3連覇するなど、ボクシングの実力が輝かしいです。

プロフィール
名前:仁多見 史隆 (にたみ ふみたか)
生年月日: 1974年12月27日 (43歳)
出身地:新潟県新潟市
身長:173cm
体重:65kg
家族:妻(由香氏)、子供(娘)
出身校:
農農館高等学校
東京農業大学

経歴:
1992年 高校総体 優勝(ライトウェルター級)
1993年 東京農業大学 入学
1994年 国体 優勝(ライトウェルター級)
1995年 国体 優勝(ライトウェルター級)
1996年 国体 優勝(ライトウェルター級)
1996年 アトランタ五輪代表
1996年 財団法人新潟市開発公社 入社
1997年 国体 優勝(ライトウェルター級)
1999年 新潟県 国体少年男子監督
2014年 開志学園高校ボクシング部 監督
2012年 新潟県ボクシング連盟副理事長
2018年 農家(新潟産コシヒカリ、小松菜)

役職:
新潟県ボクシング連盟副理事長
日本オリンピック委員会 (JOC) 強化スタッフ

ボクシング選手として輝かしい成績がありますよね。国体3連覇やアトランタ五輪代表に選出されたり実力者だと分かります。

現在は農家をされているようで、コシヒカリや小松菜を出荷しています。

スポンサーリンク

趣味・趣向

もちろんボクシングが好きなのが凄く伝わります。

野球にも興味があるようで、地元新潟の野球チームをフォローしたり、

メジャーリーグでも大活躍したイチロー選手もお気に入りの選手のようです。

食事に関しては、駅弁にハマっているそうです。

日本ボクシング連盟の専務理事に就任!

2018年9月8日(土)に日本ボクシング連盟の

専務理事には新潟県連の仁多見史隆氏が就任しました。

会長には内田貞信が就任しています。

→ 【新会長就任】内田貞信会長(宮崎ボクシング)の経歴!山根明会長は問題示唆した。

副会長には、宮崎県連の菊池浩吉、新潟県連の鶴木良夫氏、千葉県連の坂巻義男氏の3人が就任しました。

→ 【新副会長就任】菊池浩吉副会長(宮崎ボクシング)の経歴はコチラ!

→ 【新副会長就任】鶴木良夫の経歴と家族!〇〇大学卒業でメキシコ五輪候補の実力者!

→ 【新副会長就任】坂巻義男会長(千葉ボクシング)の家族と経歴!前科有無や指導歴など

「日本ボクシングを再興する会」で連盟を固めてくるとは予想していました。

まとめ

新潟県ボクシング連盟副理事長ということで、

日本ボクシングを再興する会の鶴木良夫氏とも連絡が密に取れていそうです。

8月8日(水)に行われた記者会見でも同席していました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です