藤原徹監督(ソフトボール)の家族や埼玉栄高校で指導?東京富士大女子のポリシーは?

東京富士大女子ソフトボール総監督を務める藤原徹監督の指導方法が注目を集めています。

東京都大学ソフトボール連盟の女子1部に所属している東京富士大女子の監督を務めています。

どんな人物なのか調査していきましょう!

スポンサーリンク

藤原徹監督のプロフィールや指導歴は?

藤原徹監督のプロフィールや指導歴をみてきましょう。

プロフィール
名前 藤原徹(ふじわら とおる)
年齢 70代
職業 女子ソフトボール部総監督
所属 東京富士大学
出身大学 日本体育大学

.
藤原徹監督のソフトボール歴は57年です。

大学生からソフトボールをはじめ日本代表の選手に先行されたことがあります。

選手引退後後、埼玉栄高校や河南省の中国チームでコーチを経て、

実業団や大学などの監督を44年勤めて現在も監督して活躍しています。

藤原徹監督が監督していた実業団では、
シドニー五輪で活躍した高山樹里や
アテネ五輪の佐藤由希が在席していました。

スポンサーリンク

監督の実績

監督就任後、15回もチームを優勝に導いています。

高校で11回、
実業団で4回
の計15回です。

協会や役員

  • 日本体育協会 公認ソフトボール上級指導員
  • 日本ソフトボール協会 公認第一種審判員
スポンサーリンク

藤原徹監督の家族(妻と子供)は?

妻がいることは判明しています。

子供がいるかどうかは分かりませんでした。

年齢的に考えるといても不思議ではありません。

新しい情報がでてきたら更新したいと思います。

東京富士大学のポリシーや指導方針

東京富士大学は、日本一を目標とし、『スピードソフトボール』を目指し、日々練習に取り組んでいます。

個人の力だけでなく、チーム全員が心を一つにし、総合力で戦います。

謙虚な心と、素直な気持ちを大切にし、一球に対し全員がこだわりを持ち、一戦必勝で一点を守り抜くチームを目指します。

女子ソフトボール五則

東京富士大学には伝統の「女子ソフトボール五則」というものがあります。

どんな人物を求めているかが、すぐに分かりますよね。

監督である指導者はこの五則に乗っ取り指導すべきですよね。

<女子ソフトボール五則>
・ 私生活の充実。基本的生活習慣の徹底。スポーツマンらしい人格育成
・ 敵に勝つ前に己に勝て。チャレンジ精神を発揮し真剣に取り組む心
・ 練習は辛い時が進歩する時。最後まで諦めない精神
指導者・仲間・関係者に感謝の気持ちをもった行為行動
・ 練習で泣いて、試合で笑え。練習は嘘をつかない

スポンサーリンク

東京富士大学の場所や偏差値は?

学校法人東京富士大学は、1943年に創立しています。

住所や場所は、「東京都新宿区下落合1-7-7」になります。最寄り駅は高田馬場になります。

スポンサーリンク

東京富士大学は1943年に「東亜学院」として創立され、1951年に短大(富士短期大学)となり、2002年に現在の東京富士大学となります。

学部は経営学部のみです。

学科は、経営学科、経営心理学科、イベントプロデュース学科の3つになります。

偏差値は、37~38と言われています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です