藤本理稀くん祖父のインタビューが他人事!責任を感じてほしい。

山口県周防大島町で、藤本理稀くんが行方不明になってから、2日が過ぎています。

消防が防災ヘリで上空からの捜索も行っていますが、いまだ見つかっていません。

→ 防災ヘリコプター「はるな」の値段は?防災ヘリの用途とは?

テレビ取材を受けている祖父のインタビューが気になりました。

どんなインタビューだったのか?

記事にしましたので、ご覧ください。

スポンサーリンク

藤本理稀くん祖父(藤本正憲氏)のインタビューが他人事!

行方不明直前まで一緒にいた祖父(藤本正憲氏)(66)がテレビのインタビューに応じています。

祖父のコメント(8月14日)

一度、家の近くまで帰っているから、そのまま、駐車場から家の方に帰るもんだろうと思っていました。

駐車場まで行ったから、そのままもう大丈夫と思って、私も海の方へ降りていったんですけどね。


まだ2歳なので、母親べったりですからね。

2歳の子だから、(暑さなどが)厳しいですよね。

 

2歳が「家に帰るもんだろうと思ってた」で良いのでしょうか。

まだまだ誰かが子守りしていないと危ない年ごろですよね?

さらに違和感を感じたのが、

ニコニコ、ヘラヘラ笑うような表情で受答えしている場面がありました。

祖父がしっかり子守りしていれば、、

祖父が家まで送り届ければ、、

こんな事件にならなかったのに、

という風に感じます。

最後の目撃者である祖父から「責任感」が、まったく感じられません。

まるで他人事のように感じます。

「責任を感じてほしい」と考えます。

何もないのかもしれませんが、祖父は何か握っているように思いませんか?

スポンサーリンク

行方不明までの経緯は?

兄と祖父と3人で、400m先の海水浴場へ歩いていましたが、その途中で、理稀君が家に戻りました。

その後ろ姿を祖父は確認して海へ向かったそうです。その後、理稀君が行方不明になってしまいました。

<時系列>

8月12日 10:30~ 祖父と兄(3歳)と理稀君(2歳)は海へ向かう。

8月12日 10:30~ 理稀君(2歳)は家をでて100mのところで家に戻る。

8月12日 10:35~ 母親が他の子ども2人を連れて海へ向かう。

その後、母親と出会うことがなく行方不明になりました。

8月13日 約150人態勢で捜索しました。ドローンも使っての捜査が行われました。

8月14日 約130人態勢で捜索しました。防災ヘリも使っての捜査が行われました。

<当時の格好>

理稀くんの当時の格好です。

  • 白地に袖が赤色の長袖シャツ
  • 星柄の入った緑色の海水パンツ
  • 水色のサンダル

これから海水浴を楽しむぞ~という意気込みが感じますよね。

藤本理稀くん発見ご祖父(藤本正憲氏)のインタビュー

わざわざ遠くから

ありがとうだけじゃ足りないです。

まとめ

最後の目撃者である祖父のインタビューは、まるで他人事のように感じました。

一生懸命捜索しているのだと思いますが、少し責任を感じてほしいと思います。

捜索が続いて2日目で、いまだ見つからず、すごく心配です。

一刻も早く見つかることをお祈りしています。

→ 藤本理稀くん救出の尾畠春夫さん家族と経歴!

→ 藤本理稀くん無事発見!どこで発見されたのか?疑問も残る事件

→ 藤本美緒(ふじもとみお)が息子発見後の記者会見!その内容は?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です