イレブンスリー暴走(2018)の交通規制や場所どこ?期待族のおすすめ場所は?

イレブンスリー暴走(2018)交通規制場所どこなのでしょうか。

期待族どこで見物見学して見れば良いのか、果たしてオススメ場所ドコなのでしょうか。

気になってしまったので調査していきましょう。


スポンサーリンク

イレブンスリー暴走(2018)の交通規制の時間や場所どこ?

現場となる国道26号の一部通行止めにします。

時間は、11月2日22:00~11月3日5:00頃までの約7時間になります。

大阪府警は、2017年初めて行った同様の封鎖作戦が奏功したことから、今年も約700人の警察官を動員して大規模な取り締まりに当たると気合が入っています。

スポンサーリンク

交通制限された参加者はドコにいくのか?

2017年の情報をまとめたいと思います。

こちらは現在執筆中ですので、随時更新します。

今のところ目撃情報が少なく、どこか別の場所でやるという代替案はないのかもしれません。

スポンサーリンク

イレブンスリーの由来は

11月3日はツーリングリーダーの命日で、親交の深い仲間が「追悼の意」を込めて何かしようと思い立ったのがキッカケです。

11月3日の日付は「11・3」で、それを英語にすれば「イレブン・スリー」です。

おそらくセブンイレブンの同じノリだと思います。

1970年ごろから始まっているそうなので、50年近くも続いています。

スポンサーリンク

イレブンスリー暴走とは

参加者が工夫をした装飾やパーツを装着したバイクや大きなエンジン音がする車に乗車して、集団でツーリング・ドライブを楽しみます。

その一部のメンバーが暴走行為に見えるような走り方をするため「イレブンスリー暴走」と言われています。

イレブンスリーは1つのイベント化された行事です。

総合体育館前交差点が見物人が最も集まる場所です。

スポンサーリンク

イレブンスリーの参加者は?

2016年には、バイクや改造車約50台が繰り出し、過去最多の約2500人が集まったことがありました。

参加者は「岸和田市外から集まった少年らが大半」だそうで、奈良や滋賀など遠方から来た少年らの参加が多かったようです。

岸和田では暴走行為をするツーリング集団の存在は確認されていません。

2016年の期待族(見物客)は2500人にもなったが、2017年には40人に激減したそうです。

年数 車両 警察 見物客
2015 50 200 2500
2016 20 930 370
2017 40
2018

スポンサーリンク

関連記事

→ ららぽーと海老名で火事が起きた原因や場所や火元の店舗はどこ?

→ 絢子さま披露宴会場のホテルや出席者は?引き出物やドレスは思い出の生地から

→ 白金台の保育園建設問題と反対する理由なぜ?新設する予定地どこ?

→ カミンスカス操(みさお)の経歴や本名や顔画像は?名前の由来や前科あるのか?

→ 悪魔のおにぎり人気レシピは?口コミはおいしくない?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です