【大嘗祭】平成31年(2019年)の日程と場所どこ?内容と費用(国費)はいくらで読み方は?

大嘗祭(だいじょうさい)の読み方は、「だいじょうさい」だけではなく「おおにえのまつり」と読むことがあります。

平成31年(2019年)日程場所どこで開催されるのでしょうか。

また大嘗祭内容費用(国費)いくらかかるのでしょうか。

スポンサーリンク

大嘗祭の日程(平成31年/2019年)

宮内庁は平成31年11月14日~15日に行う方針を発表しています。

昭和3年11月14日に昭和天皇の大嘗祭が執り行われた日は休日となっていますので、2019年も祝日になり祝福ムードになる可能性があります。

祝日になるかどうか日本政府の動きをチェックしていきましょう。

大嘗祭の内容

新嘗祭と同じ内容になります。

初めて即位した新天皇が行う新嘗祭のことを「新嘗祭」と言います。

新天皇となる皇太子さまが即位後初めて国民の安寧(あんねい)や五穀豊穣(ごごくほうじょう)を祈る儀式のことを新嘗祭と呼びます。

夕方から翌日の朝にかけて新天皇が行う儀式で詳しい内容は明らかにされていません。

唯一、分かっていることは、その年に収穫された米や作物を神々に供えした後、その米を新天皇となる皇太子さまが食べるということのみです。

新嘗祭に献上実績がある高級枚は見れます。口コミやレビューは良かったです。

新嘗祭の内容まとめ

新嘗祭の内容まとめました。

  • 明かりはかがり火のみ。
  • 天皇陛下は侍従(じじゅう)に足元を照らされ新嘉殿(しんかでん)に入る。
  • 全国から献納された米を神々に備える。
  • 天皇陛下も備えたものを食べる。

イメージが画像は如何になります。

スポンサーリンク

大嘗祭の場所どこ?

場所や規模などは決まっていません。

平成2年に大嘗祭が行われた際には、皇居東御苑に大嘗宮が建設されました。

平成31年も同じ場所で開催されると推察しています。

建設される建物のイメージはコチラです。

「儀式をするためにしっかりとした建物を建設するのね。」というのが正直な可能です。

これまで伝統的に行われてきた儀式なのですから、そのまま開催されると良いですね。

スポンサーリンク

大嘗祭の費用(国費)はいくら?

大嘗祭が終わったあとに直ぐに撤去される大嘗宮は22億円と言われています。

平成2年の大嘗祭は建設費約14億円だったと言われています。

この30年間で材料費や人件費が高騰したのでしょうか。

皇居内に一般人が入って作業することになるわけで、建設業者が気になるところですねー。

そのあたりが分かったら更新したいと思います。

スポンサーリンク

.
関連記事

絢子さまの結婚披露宴の記事はコチラ!

→ 絢子さま披露宴会場のホテルや出席者は?引き出物やドレスは思い出の生地から

平成最後の園遊会を見る

→ 園遊会(2018秋)の招待者名簿や日程は?決め方やお土産と食事はジンギスカン?

小室圭さんの母親について見てみる

→ 小室佳代(小室圭の母)の経歴学歴とは?金銭トラブルの原因は見栄っ張りな性格と年賀状や旦那(夫)の死因がヤバ過ぎる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です