バンクシーが東京に?場所どこでネズミの意味とストリートビューで本物かチェック

バンクシー(Banksy)東京に出現したと話題を集め、東京都場所どこなのでしょうか。

ストリートビューを駆使して本物かチェックしていきましょう。

もしもバンクシーだったら、そこに描かれたネズミ(ねずみ)意味を考えなければいけません。

バンクシー作品はメッセージが込められているのです。

スポンサーリンク

東京都の場所どこにバンクシーが出現した?

東京湾そばの防潮扉の隅に描かれていた

場所はどこ

ゆりかもめ「日の出駅」の西口に出ます。

TABLOIDO の入り口を目指しして歩くと、バンクシーの作品があった場所に到着します。

住所は「東京都港区海岸2丁目6−24」になります。

ストリートビュー

2018年2月版のストリートビューで表示があることを確認しました。

2013年6月版のストリートビューでも表示があります。

少なくとも2013年から存在していたことが判明しました。

スポンサーリンク

ネズミ(ねずみ)の意味は

答えがあるようで答えはありません。

自信のなかで、しっくりきたものが答えになります。

  • 開発で追いやられたネズミ。
  • 頭と鞄をおおう傘。
  • 胴体は濡れている。
  • 通行止めの文字。
  • 反転させた意味。

ネットの声

スポンサーリンク

九十九里浜にも?

バンクシーが描きそうな作品が九十九里町に存在しています。

九十九里浜(千葉県九十九里町)にある片貝漁港の防波護岸にも、存在していました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です