アリアナ・グランデと牧師の動画がセクハラ疑惑で炎上!!

2018年8月31日、すい臓がんで死去した

「ソウルの女王」であるアレサ・フランクリンさん(享年76)の葬儀が行われました。

追悼式では、クリントン元大統領ら著名人が弔辞を述べ、

スティービー・ワンダーが演奏を捧げました。

そこでアリアナグランデに対してある事件がおきました。

スポンサーリンク

アリアナ・グランデへのセクハラ疑惑の僕の名前は?

チャールズ・H・エリス3世(Charles H Ellis III)です。

追悼式の司会を務めたのが、男性牧師のチャールズ・H・エリス3世(Charles H Ellis III)です。

ツイッターも開設しています。

スポンサーリンク

アリアナ・グランデへのセクハラ内容は?

追悼式ではアレサ・フランクリンの代表曲

「ナチュラル・ウーマン(A Natural Woman)」を

アリアナグランデが熱唱しました。

歌い終わったアリアナ・グランデを、

司会を務めたチャールズ・H・エリス3世がエスコートします。

身長差の関係からか、

アリアナグランデの腰ではなく、

胸部分に手をまわしてステージ中央へエスコートしました。

アリアナグランデの胸のあたりを、

不自然に触わっているところが動画にありました。

アリアナ・グランデは、牧師から距離を置こうとしましたが、

身体に手をまわしている右手は離れません。

嫌がるような困った表情を浮かべるアリアナ・グランデを横目に、

失礼なジョークを言っていたそうです。

スポンサーリンク

謝罪内容

「誰かの胸を触ろうなんて思ったことは1度もありません。彼女の体に腕を回していたから、そう見えてしまったのかもしれませんね。あの日、私は男女すべての出演者とハグをしました。でも、少しなれなれしすぎたかもしれません。そのことについて謝罪します」

ハグを越えているような印象を受けました。

インスタのフォローは1憶以上を超える世界的なアーティストです。

その世界的に注目を浴びるアリアナグランデに対して、少しでも不自然な態度をとれば、世界中から注目があつまりますよね。

チャールズ・H・エリス3世(Charles H Ellis III)の経歴

簡単な経歴です。

名前:チャールズ・H・エリス3世
年齢60歳
生年月日:1958年7月8日
出身地:ミシガン州デトロイト
経歴:1983年 ウェイン州立大学を卒業

ツイッターのトップ画像を見る限り、奥様と2人の子供がいることが伺えます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です