赤阪友昭(写真家)の経歴や妻や子供は?顔画像や自宅はどこか?

赤阪友昭_写真家_経歴_妻_子供_家族

写真家である赤阪友昭経歴などを追いかけていきます。

ご家族である子供はいるのでしょうか。

顔画像自宅はどこかなのか徹底調査していきます。

スポンサーリンク

赤阪友昭のプロフィールや経歴は?

赤阪友昭の読み方は「あかさかともあき」です。

1963年ですので、年齢は54歳です。

大坂出身です。

現在は写真家として活動されています。写真家になる前は、米国国際会計事務所、国内法律事務所勤務を経て、写真家へ転身しています。

写真家の活動内容

狩猟採集や遊牧を生業とする先住民や遊牧民の生活やそれを支える精神世界に魅せられて旅を始めました。

1996年からモンゴルでの遊牧生活をきっかけに「生命を継ぐこと」をテーマに写真撮影はじめました。

写真及び文を雑誌等に掲載し、マスメディアの取材協力、教育機関やプラネタリウムなど様々な施設におけるスライド上映及び講演等の表現活動を精力的に行っています。

2000年には、『神話を語り継ぐ人々』と題してアイヌとアラスカ先住民の国際交流プログラムを開催しています。

2008年はアラスカ州シトカにアラスカ先住民とともにトーテムポールを立てています。

2015年は南相馬市からの依頼を受け、被災地における人と土地の関係を映像化した『水の記憶、土の記憶 南相馬から』をプロデュースしました。
この映画は、ウクライナの国立チェルノブイリ博物館にて一年間上映され高い評価を受けたそうです。

現在は、日本原初の信仰や祭祀儀礼を中心とした撮影を継続して行い、最近は火山をテーマにした活動も開始しています。

スポンサーリンク

赤阪友昭の妻や子供は?

4人家族です。

妻(44歳)と長女(4歳)、長男(1歳)の4人暮らしです。

スポンサーリンク

赤阪友昭の自宅は?

赤阪友昭の自宅は「大阪市福島区鷺洲2」あたりと言われています。

スポンサーリンク

赤阪友昭の写真家の評価は?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です